情報社会の表裏

a0100959_22213995.jpg


今までの震災時に比べ、インターネットや携帯電話をはじめ、迅速な情報伝達が出来るようになりました。それはつまり、よい話も、デマもものすごい早さで伝わります。風評被害の規模も過去より大きくなっているのではと感じる原発関係。もはや下手な表現はやめて、きっちり数値や状況、正しい科学的解釈を含めて説明して欲しいですね。もちろん国民はそれを理解するための学習をする義務があると思います。いい加減な情報や知識が誤解や風評、不思議な都市伝説を生んでしまいますからね。天災転じて人災を生んでしまいます。
今日帰りにスーパーに寄ったら、大量の食パンがありました。値引きシールもあったので実は余り始めたんじゃないかと感じました。それと裏腹に飲み物はかなり不足していますね。はやいところ供給が安定して欲しいですね。いや、需要が安定すればいいのか。

Olympus E-5 ZD ED 50mm F2.0 Macro
100mm(50mm) F2.0 1/125 ISO320
[PR]
by kujirax1 | 2011-03-24 22:29 | 写真関係
<< 二週間 徐々に花も咲き >>