シダ類

a0100959_22532434.jpg


シダ類の緑も何かと楽しい。胞子を抱えているときは、逆に撮るのを避けるのですが。なんとなく、恐竜の想像イラストを連想するんですよね。それで楽しいのかなと。恐竜の世界も、いわゆる学説次第なので、イラストも時代ごとに河っていくのも面白いですね。昔は巨大恐竜は自重に耐えられないため、水中で生活していたなどの説がありました。ところが、近年は地上を闊歩していたという説が有力です。なんでも、骨格に空洞や、体内の空洞だか気道だかで体格の割りに軽量で、しっぽをずるずるすることなく歩いていたとか。ティラノサウルスも幼年期は羽毛があったという説も有力ですし、しかも鳥類の先祖に相当するという話もあり、興味尽きません。

Olympus E-5 ZD ED 50mm F2.0 Macro
100mm(50mm) F2.0 1/40 ISO800
[PR]
by kujirax1 | 2011-05-07 22:59 | 写真関係
<< 初夏の日差し シャガ >>