a0100959_14543690.jpg


今回訪れた2つの滝、白糸の滝の千ヶ滝。白糸の滝と言っても、富士にある有名なやつには少々及びません。それでも木漏れ日を浴びながらきらきら輝く水面と幅のある滝は癒されます。被写体としては少々難しいと感じたました。滝に対して動ける範囲が決まっているのと、混雑の点でしょうか。観点を変えて、いっそ魚眼があれば楽しいかもしれない。一枚に全景は無理があり、切り取る箇所のセンスを問われている気がします。あまりアップもつまらないし。それでも水面を入れるとバランスが良くなるのかなと思いますが。混雑の影響で人を移り込ませないポジショニングが難しい。また、譲り合いの観点では作戦時間を短くしないと迷惑となる。なかなか技量を問われました。おすすめ度は、純粋に滝を観るという観点でも、軽井沢に来たなら1度観てはいかがでしょうかと思います。写真抜きに考えてもワイドな滝はおもしろいですよ。写真の場合は、じっくりイメージを決めた後、譲り合いで頑張ってください。
2つめの千ヶ滝は駐車場から1.5Kmほど歩きます。木陰とせせらぎから流れる風で涼みつつ歩きます。川沿いを歩いたり、橋を越えたり、関から落ちる水の轟音を聞きながら進みます。蝶やトンボが飛んでいましたが、野鳥は見つけられませんでした。幸運なこととしては熊に見つからなかったという事でしょうか。このあたりは熊の生息区域のようなので、所々に熊注意を促す看板があるので、緊張感があります。約1.5Km歩くと轟音とともに滝が現れます。予想より大きな滝でした。マイナスイオンも大量にまき散らしているようです。不動尊の石碑もあるので、不動明王にまつわる滝なのだと思われます。飛び散る霧のような水しぶきを気にしつつ何枚か撮りました。自分の写真はともかく、けっこう迫力があるところでした。白糸の滝に比べると、普通の滝の部類なので両方みるとバランス取れそうですね。熊の遭遇率が高い人にはお勧めしませんが(笑)。
写真は千ヶ滝でしす。ちょっと日はかげっていました。微妙に水しぶき名霧っぽい部分が移っています。

おおまかな場所の参考に
白糸の滝
千ヶ滝

Olympus E-510 ZD 14-54mm F2.8-F3.5
14mm(28mm) F6.3 1/5 ISO100
[PR]
by kujirax1 | 2007-08-18 14:55 | 写真関係
<< そして白糸 丸山珈琲 >>