E-510レポート??

E-510を使い始めて1.5ヶ月を過ぎ、現時点でE-500を使ってきた自分として感じたことをまとめてみようかと思います。単純比較ではないので念のため。



まずあえて気になったり、改善してほしい事から。
o ISOの設定。
00,200と倍々で1600までなこと。隙間に300や600とか微妙なレベルのものがほしかった。もっとも、画質がその分変わるのならですが。せめて300辺りがほしかったし、欲を言えば50辺りも。微妙な要望だ(笑)
o 絞りや露出変更するダイヤル
このダイヤルがもう少し軽いとうれしいかも。もっとも慣れ・・・ですよね。E-500が軽すぎたと言えばそれまで。
o LVボタン
私個人の問題ですが、以外と押してしまう事が多いのです。なんでだろー。もうちょっと違う位置にほしかったかも。
o 露出
白とびしやすいと言う方もおりますが、私はそれが即機能が低いとは思いません。言い換えれば癖ですね。(後述する色の表現で良いという部分がありますので)まだ裏付けられるほどではないのですが、露出±0.0と-0.3の間が結構差がある気がします。あ、明るすぎるかなと思い、-0.3したら思いのほか暗くなった気がするのです。全部ではありません、そう感じるシーンがE-500よりあったという事です。これは今後の慣れで減るでしょう。

と些細な事が気になりつつも、3点AFポイントなどは気にならない私。常に一点固定なので。

いくつか気になることはあれども、メリットが遙かに大きいですね
o iSの恩恵。
手ぶれ補正様々。これによりチャレンジするシーンが増え、ISOをあげないでもすむシーンも増えます。これが何よりも大きいですね。
o 圧縮RAWの採用。
RAWのみで撮影する私にとってこれは大きいのです。実際、800万画素のE-500よりも、1000万画素のE-510の方が2~3割多く撮れています。メディアの買い増しを考えていましたが、必要なくなりました。
o ファインダー
見やすくなりました。もっとも、アイカップで1.2倍にするのは必須ですが、ずいぶん見やすくなった気がします。サイズというか、明るさというか、改善されていますね。
o 接続部
ファインダーやストロボの接続部が外れにくくなりました。おかげでE-500の時にすぐ無くしたストロボ部分のプラスチック、何度もはずれてなくしかけたアイカップ。良かったw
o 色の表現
これはLive-Mosというか、TruePic IIIのおかげでしょうかね。黄色などの色の色階調の表現が改善されました。E-500の時はもっとつぶれた感じがありました。淡い部分、微妙な部分の表現がもっとできるようになった気がします。
o LiveView
たまにしか使いませんが、マクロでMFでは絶大ですね。かしゃかしゃパタパタ賑やかですけどね。あると無いとでは大違いです。あるからこそ必要なときに使えるので。

と現時点での感じたことを書いてみました。微妙な部分にばかり目がいっている気がしますが、そういうところが気になる部分なんだろうなと思います。必要以上にスペックのことで騒ぐ必要もないと思いますし、そのスペックも使わなければ結果は出ないですからね。結局のところ、写真を撮る・楽しむ事が目的であり、そのために使うカメラ。(所有する喜びもありますけどね)自分のやろうとしている事に対して、どうやって工夫していくかという事だと思います。マイナスに感じた部分は何か工夫を考えて、プラスの部分はどう生かすかを考える。こういってたことがまた楽しさを生んでいくんだと思います。あれは良くないからと否定だけしてもいい絵は撮れないし、この機能は便利だと使わなければ効果は無いですからね。まずは撮ることを中心に考えていきたいですね。今後も気づいたことなどは書いていきたいと思います。
[PR]
by kujirax1 | 2007-08-19 19:12 | 写真関係
<< 滝の上には青空 そして白糸 >>