ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4-5.6は10/26

10月の予定通り、ZD ED 70-300mm F4-F5.6が26日に発売されるようです。価格は4万9,875円と。私もちょっと気になるこのレンズ。基本はシグマレンズで、オリンパスがZD用として仕上げたという噂。たしかに似てるスペック。このレンズの魅力は、300mm側(35mm換算600mm)で0.5倍の撮影が出来と言うこと。超望遠マクロな使い方が出来ます。ただし、MFで合わせる必要があります。このクラスですから三脚使ってLVというのが基本になりそうなレンズですね。もう1つの要素はサッカー観戦に使えるどうかです。現在ZD 50-200mm F2.8-3.5を使っています。席が後ろの方だと厳しいのです。もっとも、明るいレンズなので助かっていますが。明るさはたりませんが、70-300の超望遠が魅力にも感じます。発売済みのEC-14や予定のEC-20のテレコンはどうだろうというのもあります。
1) ZD 50-200mm F2.8-3.5
> 35mm換算 100-400mm F2.8-F3.5
2) ZD ED 70-300mm F4-5.6
> 35mm換算 140-600mm F4-F5.6
3) ZD 50-200mm F2.8-3.5 + EC-14
> 35mm換算 140-560mm F4-F4.9
4) ZD 50-200mm F2.8-3.5 + EC-20
> 35mm換算 200-800mm F5.6-F7.0
5) ZD ED 70-300mm F4-5.6 + EC-14 おまけ
> 35mm換算 196-840mm F5.6-8.0
およよ・・・、0.5倍撮影にこだわらなければ、EC-14が汎用性があるのかな。。。EC-14ならほかのレンズにも使える。明るさと焦点距離の比率もさほどかわらない。ただし、EC-14は望遠側を使うのが前提だったかも。560mmとして使うならさほど差がない。140~から使うなら70-300となるのかな。つまり、50-200ユーザーには使い方によっては微妙なレンズということかもしれない。でも、全域で使うなら意外と楽しそうである。
なーんだ、結局いつも通り悩んだだけか(爆)。
[PR]
by kujirax1 | 2007-10-16 02:08 | 写真関係
<< さりげなくというか、やっぱりE... さりげなくE-3に求めるもの >>