オリンパスの気になる噂

Olympusのとても気になる噂が出ています。出所はお約束のDigital Photography Reviewの掲示板、ここです。
おおまかには下記2カテゴリー。ボディーとレンズです。
1. 2種類の新しいボディー。
1-1. E-3とE-510の間のグレード
1-2. E-3よりのハイエンド(2009年)。
2. レンズについて
2-1. ズームレンズはほぼ完了
2-2. 今後25mmなど単焦点を投入予定。
2-3. 2008年、スタンダード10-20mmの広角ズームが予定されている。
さて、噂に対して妄想で考えてみましょう(笑)。あくまでも噂と妄想なのであらかじめご了承ください。この手の話題はなにより、hiroさんのblogが一番だと思っていますので、私のネタは末席で。



まず1より。
1-1は、以前より噂のあったE-xx機、通称二桁機と噂されているやつかなと。出所は忘れましたが(重要なのに・・・・)、それっぽいことを連想させるオリの発言もありましたね。そのご継続的には発言されていませんが。また、ライターやユーザーの声にも必要性が語られるのを目にします。その場合、E-510の値段を下げるか(オープンだから卸値かな)、後継機として値段を下げたマイナーチェンジ機の投入にて隙間を広げて投入が良いと感じます。そして求めるものは、高速AF性能、最低5ポイントのAFポイント、2.5インチ可動液晶または3インチ固定液晶、ボディーはE-5xxサイズ程度か一回り大きい程度かなぁと感じます。妄想ですからね。できれば100%の視野率ではなくても、なんらかのファインダーの向上も必要でしょう。L10のようにアイカップを付けるなどは最低必要限かと思います。さらなる妄想を注入するなら、ここにE-330の後継と呼べるものが欲しいですね。きれいに同系列で、よくいわれる松竹梅(E-3、これ、E-510/410)とあると、価格が下落した場合差が分かりにくくなります。ちょっと特別な機種であればそうなっても影響が少ないなと思います。皆が待ち望むAモードLVや、可動液晶、さらに何らかのサプライズ機能で出てきて欲しい妄想です。
さて1-2ですが、E-3の噂、当時まだ漠然とE-1後継機といわれていたときも、実は30~40万クラスで出るという噂もありました。意外とその路線の事かもしれないですね。はっきり言って、想像が出来ない(笑)。希望という点では、現行の秒間5コマを越える連射、スペックそのままで11以上のAFポイントまたはもう少し間隔を開けて欲しい、AモードLV、115%を越えるファインダー倍率、前後方向への手ブレ補正、手ブレ補正学習機能などです。一番の弊害は、まず買えないだろうということ(笑)。でもまぁ、妄想が楽しいですね、ふふ。
続いて2より。
2-1は納得。基本的にOLYMPUSという点ではそうでしょう。SigmaやPanasonicとしてはまだまだ出して欲しいですけどね。なるべく競合は避けて、バリエーションを補填し合って欲しいです。
2-2は楽しみですね、本当であるなら。100mmのマクロはロードマップ上は発表されていますが、ほかは未知数ですから期待&妄想が高まります。ちなみに個人的に欲しいのは、14mm F2.0以下、250~400mmのクラスのF4.0単焦点。前者は風景に、後者はサッカーに使いたいです。なので、できればSWD標準で欲しいですね。でも、真剣に発売されるとお財布が持ちませんが(笑)。
2-3は待望のスタンダードの超広角ズームです。でも、10-20mmが本当ならちょっと残念。個人的には8-16mmいえ、贅沢いわない、9-18mmが望ましいです。35mm換算で20mmを割るのがいいなぁという妄想です。この掲示板でも8-16mmについての書き込みもありました。思いは似てるのでしょう。まぁ、まだ噂のレベルですから一喜一憂しても変化はないんですけどね。発表待ちですから。
と、少ない知識を総動員し、噂を妄想でつなぎ合わせねつ造してみました。いわゆる「ガセ」ですね(ぉぃ)。どれか1つでも当たりがあると浮かばれるでしょう。こういう想像をするということは楽しいですね。
[PR]
by kujirax1 | 2007-12-08 01:34 | 写真関係
<< 稲村ヶ崎 「玄」@鎌倉 >>