キタキタ新ファーム

E-3およびE-510にて新しいファームウェアがリリースされました。今回は大きな意味があります。他社製レンズを焦点距離入力により、手ブレ補正を機能させる事ができるようになりました。これは多くのユーザーが望んでいた事であり、海外ではダンデライオンというチップでこの機能を提供するベンダーすらあったほどです。まだ内容は確認していないですが、これで他社製レンズ(正確にはフォーサーズ以外のレンズ)にて手ブレ補正が使えます。いままでK100DやK10Dがうらやましかった人にも朗報ですね。これで最強のレンズ母艦、レンズコレクターのお手軽カメラの地位を得るかもしれないですね。そののち、純正なオリユーザーへ育てば有用な投資となるのでしょうね。
[PR]
by kujirax1 | 2008-01-30 00:36 | 写真関係
<< ねこのまなざし 蝋梅 >>