セリーヌ・ディオンの凄さ

Celine Dionのコンサートですごいなと思うのは、なんと言ってもスタジオアルバム以上であるということだと思います。けっこうライブで声が変わったり、音域がでなかったり、声が途切れたり、歌いやすくアレンジしたりとあります。でも彼女にはそれはなく、むしろアルバム以上と感じます。5年に及ぶラスベガスのショーでさらに良くなった気がします。もちろんプロとして喉を痛めたりしないようにしている話はよく聞きます。会話は筆談にするとかもしてコンディションに気を配るらしい。才能と努力が両輪となり得たものなのでしょうね。またそれだからこそコンサートが良いのですね。久しぶりの来日とは言わず、ツアー終えたら、帰りに(笑)。いえ、次のアルバム片手に来て欲しいですね。
[PR]
by kujirax1 | 2008-03-10 23:55 | 洋楽
<< これも越生 越生の梅 >>