E-30とZD 14-54mm F2.8-3.5 II発表

かねてから噂のあったE-System中堅機E-30が発表となりました。あわせてZD 14-54がリファインされて、ZD 14-54mm F2.8-3.5 IIとして発表されました。これも直前のリークがありましたが、以外でした。裏を返すと私も持ってる旧ZD 14-54ではハイスピードイメージャーAFが出来る予定ないという宣告ですね、分かります(涙)。ま、それが出来るボディーがないんですけどね。今回の目玉は、防塵某滴やファインダーこそE-3に及ばないものの、同等のAFや、2.7インチの稼動液晶、TruePicIII+、12.3MP LiveMosセンサー、マルチアスペクト、アートフィルター、ハイスピードイメージャーAF対応というところでしょうか。思ったよりも冒険的なおまけがなさそうですが、それでもE-3の廉価性、アートフィルターやマルチアスペクトの融合など面白そうですね。価格的にはボディーで約15万、ZD 14-54 IIとのレンズキットで20万ということで、値下がりのE-3との微妙な立ち位置に来たと思います。ボディーが実質12~13万円じゃないと厳しいでしょうね。発売が12月ということで、年内に出てくるのは頑張ったなと思います。運がよければボーナス商戦ですね。12月初冬であれば、遅めの紅葉エリアには間に合いますね。個人的な着目としては、RAWでの多重露出ですね。どの程度のものなのか次第ですが、何気にきになります。まだ情報を読み終えていませんが、何かと楽しみです。ただ、財政的に私は購入なしですね。E-3の次の機種は抑えたいですが。

E-30発表(オリンパス公式)
Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5 II(オリンパス公式)
[PR]
by kujirax1 | 2008-11-06 00:50 | 写真関係
<< もみじの滝again 冬の散歩道 >>