人気ブログランキング |

2007年 11月 08日 ( 3 )

"CELINE DION" Celine Dion

またレビューします

CELINE DION

1992リリース

01. Love Can Move Mountains
02. Show Some Emotion
03. If You Asked Me To
04. If You Could See Me Now
05. Halfway To Heaven
06. Did You Give Enough Love
07. If I Were You
08. Beauty And The Beast
09. I Love You, Goodbye
10. Little Bit Of Love
11. Water From The Moon
12. With This Tear
13. Nothing Broken But My Heart

英語のスタジオアルバムとしては二枚目。Celine Dionのアルバムとしては初めて購入したアルバムでした。CDを物色していた際に、お奨めのコメントをみて手にしました。そんなきっかけでしたが、大当たりを引いたことになりました。バランスよく、今聞いてもそれほど古い感じは受けません。音の作り方は少々時代遅れな部分があるかもしれませんが、問題ではありません。その歌唱力と聞き込める音楽にずいぶんとヘビーローテーションしました。出だしは元気がよいアルバムですが、全体的にはおとなしく聞き込めるかんじです。バラード系のしっとりとした曲がおおく、彼女の持ち味がわかります。ちょいとAOR味な感じともいえるかもしれないアルバムですね。このアルバムでの有名な曲といえば、映画「美女と野獣」(ディズニー映画)のサントラ"Beauty And The Beast"が含まれています。あぁ、あの曲かと気づく方もいるでしょう。このアルバムや他のシングルカット曲で色々と賞をもらい、ワールドワイドでも人気の足がかりとなった重要なアルバムだと思います。個人的には、If You Could See Me Now、Halfway to Heaven、With This TearやNothing Broken But My Heartなどのバラード系の曲がお気に入りです。いまくらいの季節にはよいアルバムかもしれませんね。
by kujirax1 | 2007-11-08 23:37 | 洋楽

ということでポンテさま

a0100959_1482157.jpg


ACLトーナメント第1戦目よりポンテの後ろ姿で縁起よく。このあと動き出した写真はなかなかよいものが撮れません(苦笑)。だいたい普段は動いている選手の足元のグランドあたりでフォーカスロックして、撮る時にくいっとフレーミングをあわせています。なので、できるだけマニュアル設定で絞りとシャッタースピードを固定しています。あとはもー、選手の特徴、なれ、遭遇運でしょうね。それを総合して腕というのでしょうけど。。。 orz

Olympus E-510 ZD 50-200mm F2.8-F3.5
400mm(200mm) F3.5 1/500 ISO1600
by kujirax1 | 2007-11-08 01:53 | 写真関係

まずは敵地ドローで

試合内容は一切観戦できませんでしたが、われらの浦和レッズのACL決勝1st Legは敵地で1-1のドロー。ポンテさまが勝ちあるAway Goalを決めてくれました!ドローは覚悟の上、1点取れるかどうかが鍵だったと思います。相手のセパハンも堅守が特徴の1つということでした。あの川崎Fが1点も取れませんでした。それを考えると点を取れるということが何よりも次につながる部分だったと思います。もっとも失点してますので、相手にしても同様な意味がありますが次はホームです。少なくとも次回はイーブン以上の状態で試合に望めます。私も観にいきます。ついに舞台は整ったという感じです。くれぐれも週末のリーグ戦でだれも怪我などしませんように。楽しみで鳥肌が立ちそうですね。
by kujirax1 | 2007-11-08 01:29 | サッカー